000

ぶらぶら会社訪問
啓明商事株式会社

これまでの訪問企業はこちら

その5-4 私たちと和装の付き合い方

kinoko

どうも。

きのこ社員です。

 

「ぶらぶら社員のぶらぶら会社訪問」第5弾。

今回お邪魔したのはこちら!

 

京都の老舗呉服問屋 啓明商事
〒600-8423 京都府京都市下京区仏光寺通烏丸西入釘隠町249番地
http://www.keimei-shoji.com/contents/index.html

000

京都市下京区にある老舗の呉服問屋さんです。

 

着物ってすごいね。

凄いけど、人生でどれくらい着た事があるかあしら?

 

洋服が一般的になっている現在。

私たちはどのようにして触れていけば良いかな?

 

そんな事も少し見えるかもしれませんよ。

ちょっと真面目に和装を知ろう!

 

三つ指ついて、よろしゅうたのんます~☆

 

line

 

IMG_8746

 

まさか京都の都会の真ん中にこんな空間があるだなんて知る由もなかったきのこ社員。

皆さまはいかがでしたでしょうか?

 

昨今では、手軽に着られる浴衣の流行により、少しずつ和装への関心も高まっているといわれています。

結婚式でも和装で式を挙げる方が増えているそうですよ。

 

そうは言っても和装になる機会といえば、

夏のイベント事の時、結婚式の時.

日常とは違う何かしらの時にしか、袖を通すことはないのではないでしょうか。

 

 

060

祇園祭の時には、坪庭の前で音楽のコンサートを開催されたりするそうです。

ご贔屓のお客様は2階席から観覧。

贅沢なひと時ですね。

 

 

 

そんな、日常に着物がない生活をする私たちに、

少しでも身近に感じてもらえる方法はないか、

そんな事を野瀬社長はじめ、お着物の組合の皆さまと日々ご尽力されているそうです。

 

その一つとして、この啓明商事株式会社さんのぶらぶら記事1つ目の冒頭の写真。

 

001

 

これですよ。

「七緒」

 

え?何?

 

 

なんと、きものブック表紙アプリというものをリリースしたのだそうです。

 

062

アプリのダウンロードはこちらをご参照ください。

http://www.fashion-kyoto.or.jp/event/kimonoday_appli.html

 

このアプリは、京都織物卸商業組合が、「11月15日はきものの日」ということをもっと皆んなに知って欲しい!という思いで作られたものだそうです。

これを使えば、きもの専門誌3誌
(プレジデント社「七緒」、世界文化社「きものサロン」、ハースト婦人画報社「美しいキモノ」)
の雑誌の表紙のように、撮影したきもの姿のご自身の画像がデザイン加工されるというアプリです。

 

どんな風にって?

こんな風です。

001

 

はいチーズ!

 

雑誌を選んで写真を撮るだけで完成。

ちょっと面白いですよね(#^.^#)

 

アプリで楽しんでもらって、少し身近に感じてもらいつつ、

様々なイベントで触れてもらえる機会も作っているそうです。

 

この写真にあるように、11月15日はきものの日ですので、

この日のイベントもぜひチェックしてもらいたいですね。

 

 

身近に感じたとしても、着物って高い・・・そんなイメージありますよね。

今は本当に技術が進んでいて、リーズナブルなものでも良いものが沢山あるそうです。

 

着物は高くて当然、というなぜだか根付いている固定観念を捨てて、気軽に身に着けてもらえたらと願います。

 

高ければ良いかというとそうでもなく、仮に値段のお安いものであったとしても、

お召しになった方がとても似合っているとか、着心地が良いとか、気に入ったとか、

そういった事の方が大切なのです。

 

野瀬社長がそうおっしゃっていました。

確かにそうですよね。

着物に限らず、洋服だって一緒。

楽器や道具だってそうです。

高ければ良い、というのは時として違う事が多々ありますね。

 

普段着遣いに、とまではいかなくとも、

そんなお召し物を一着だけでも持っていると、生活の中にメリハリをつけられます。

私も着物、浴衣を着てみようかと思いました。

着付けも習いたくなりました。

 

日本人としてのソウルがヒートアップみです。

 

いつか自分用に、きちんとしたお着物も誂えたいですね。

人の想いが詰まった芸術作品。

身にまとう事で起こる自分の変化を味わってみたいものです。

 

 

 

 

という事で、有難いご縁でご紹介いただき訪問させていただける事になった啓明商事株式会社さん。

いかがでしたでしょうか?

 

061

 

何もない日常に、和装の方をお目にかかれるような、そんな風景を見てみたいですね。

今後の野瀬社長並びに組合の皆さまの取り組みに注目です!

 

改めまして、この度は突然の申し出にも関わらず、快く見学させていただきありがとうございました!

野瀬社長、最後にもう一度載せておきます。

 

001

 

 

お茶目さに乾杯☆

 

 

 

 

きのこ社員
ガハハのセキュリティ(ベンガルトラのぬいぐるみ)の飼育係
2017.07.23